女性にほぼ毎月訪れる月経は、妊娠・出産のために必要な定期的な助走期間です。しかし、月経が始まる前のホルモンバランスによって、不調をきたす人も増えており「月経前症候群(Premenstrual Syndrome:PMS)と呼ばれます。今回はPMSの原因と対策についてお伝えします。

PMSってなに?なぜ起こるの?

月経が始まる3〜10日前にある「黄体期」に起こりやすい不調のことで、生理が始まると次第に消えて行くのが特徴です。
PMSでみられる不調には、次のような症状がよく知られています(*は特に多いもの)。
身体的症状:のぼせる*、下腹がぽっこりする*、下腹部や腰の痛み*、乳房のハリ、頭痛・頭が重く感じる
精神的症状:イライラする*、怒りっぽくなる、落ち着きがなくなる(忘れ物が増える)、落ち込みやすい
ではPMSの原因は一体何かというと、ズバリ「不明」なのです。黄体ホルモンがきっかけであることはほぼ間違いないとされていますが、具体的な原因はまだ明らかにされていません。しかし、不規則な生活で食事内容も乱れている、運動不足や睡眠不足の女性に起こりやすいため、それらの生活習慣を整えることも重要です。

PMSを和らげる食事って?

まずはできる限りリズムよく食事をとることから始めましょう。
アルコールやカフェイン摂取が多いと症状が強くなると言われていますので、習慣的にそれらを摂っている場合には、頻度と1回量を減らして徐々に全体量を減らすのが良いでしょう。
また、心の鎮静につながるミネラル、カルシウム・マグネシウムの多い食品を積極的に摂ることもオススメです。
カルシウム:牛乳・乳製品、小魚、海藻、豆類など
マグネシウム:精製度の低い穀類、野菜、海藻類、豆類など
また、月経前はむくみが出やすい時期でもあるので、塩分の高い食品や料理が重ならないようにしましょう。

フードコーチ情報

写真
國枝加誉
管理栄養士・健康食育シニアマスター・一汁一菜研究家
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード