暖かな春が近づきウキウキどころか戦々恐々……そうです、花粉症の季節です!日本には森林や草花も多く花粉症を起こす植物は約60種類もあると言われています。本来は無害なはずの花粉に対し、免疫機能が引き起こすアレルギー反応が花粉症です。症状の出方や程度は様々ですが、できるだけ日常生活に支障が出ないようにしたいですよね。今回は症状を和らげる方法の一つとして、「腸内環境」に着目しました!

花粉症のメカニズムって?

人間に備わっている免疫機能は、体内に入った異物を「抗原(アレルゲン)」として認識し、くしゃみや鼻水などで体外へ排泄してくれます。アレルギー反応にはハウスダストなどで通年起こるものと、花粉症のように花粉が多く飛散する季節に起こる季節性のものがあります。
抗原を認識し排除しようとすると「抗体」ができます。再び抗原が入って来ると、目や鼻の粘膜に存在する肥満細胞に存在する抗体と結合します。すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌され、その影響でくしゃみや鼻水、涙などの諸症状が出るのです。

腸内環境改善で症状緩和に!

実は花粉症は、多種多様なアレルゲンの増加と、アレルギー反応を起こしやすい体質の増加の両方が影響していると言われています。食の欧米化による脂質摂取の増加と食物繊維の摂取不足で、腸内環境が悪化している方も増えています。人体の免疫細胞のうち7割もが腸に存在しているため、免疫力を高めアレルギー反応を和らげるためには腸内を整えることが重要です!

1.腸に負担をかけない!

早食いでよく噛まないでいると、未消化の食べ物が腸に入り炎症反応を起こしやすくなります。食物繊維が豊富な野菜・きのこ・海藻類を増やすと、自然と咀嚼が増えるだけなく、便通も良くなり腸の掃除につながります。消化に時間のかかる脂質、特に飽和脂肪酸(肉・卵・乳製品)の多い食事、香辛料たっぷりの刺激の強い食事も控えめにしましょう。但し、青魚の脂質には炎症反応を抑えてくれるω3脂肪酸が豊富に含まれているので、安心して食べてください。

2.発酵食品をたっぷりと

腸内細菌のうち善玉菌の割合を増やすと、腸内環境が安定します。すすんでとりたいのは発酵食品(納豆、味噌、漬物、キムチなど)、毎食どこかに取り入れるようにすると良いでしょう。但し塩分の摂りすぎにはご注意を。
この食べ物をとれば花粉症が治る!というものはありませんが、普段の食習慣の積み重ねで少しでも腸内環境をよくし、花粉症の症状を和らげましょう。

フードコーチ情報

写真
國枝加誉
管理栄養士・健康食育シニアマスター・一汁一菜研究家
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード