〇甘味
〇塩味
〇酸味
〇苦味
〇うま味
は味の基本五味と言われるものです。
この中でも「苦味」を不得意とする赤ちゃんが多いと思いますが、どうして食べてくれないのでしょうか。

私たちの舌には、味蕾(みらい)という味の情報を感じる細胞があります。
この味蕾で「甘い」や「苦い」の味を感じるわけですが、赤ちゃんが不得意とする「苦味」は“カラダには毒”であることを伝える味とされています。ですから、大人でももちろん「苦味」を得意としない人が多いのは、カラダからの防御サインのせいとも言えます。

苦味は時間をかけて慣れていく味

苦味は何度も経験を繰り返しながら、少しずつ味に慣れていく味のため、最初から食べなくてもママはがっかりしないでください。食経験を重ねながら、ゆっくりいろいろな味に慣れていきましょう。

●苦味野菜を食べない時にやってみること

<1> 切り方で味も変化
繊維を切るように野菜を切ってしまうと、野菜の細胞がこわれ野菜の味を強く
感じやすくなります。ピーマンのような苦味の強い野菜の場合、繊維に沿って切った
方が、ピーマン特有の苦味が和らぎます。

<2> うま味で苦味をカバー
赤ちゃんがはじめて「うま味」と出会うのは、ママの母乳です。
母乳にはうま味成分のグルタミン酸が含まれ、赤ちゃんはうま味をきちんと認識して母乳を飲んでいます。この慣れ親しんだ「うま味」は赤ちゃんにとっては心地よい味ですので、苦味×うま味を掛け合わせることにより、抵抗なく食べられるようになります。

うま味は、白菜・たまねぎ・アスパラガス、セロリなどの野菜や、昆布、醤油、みそに豊富に含まれます。

苦味食材は大人でも苦手な方が多いので、赤ちゃんも苦手なのは当たり前です。
食べなくても焦らずゆっくり慣らしていきましょう。

フードコーチ情報

完成
椎橋 聡子
管理栄養士 健康運動指導士 株式会社Food Smile 代表
「健康になりたいけど、どうしていいかわからない」という方のために、 <むずかしいことをわかりやすく、そして常にWOW!(驚き・感動・楽しさ)を与える>ことをモットーにわかりにくい食の専門知識を、 ひとりひとりのニーズに合わせたメッセージにして伝えることを目指しています。 また、パフォーマンスを発揮したい時に食事で失敗しないための食事術「パフォーマンス飯」が得意分野であり、 アスリート・ビジネスパーソン・受験生向けの食事セミナーは、トータル300本を超える。他、ゴルフ場のレストラン監修、記事執筆、カロリー計算・測定事業など幅広く活動中。

関連するレシピ&記事

関連するキーワード