運動するときの水分補給の目安は、インターネットや書籍でもいろいろ紹介されていますが、
実際に行っている水分補給が成功しているのか失敗しているのかはわかりにくものです。
練習後の尿の状態で、水分補給が成功しているのかどうか確認してみましょう。

練習後にセルフチェック

水分補給の目安はインターネットや書籍でもいろいろ紹介されていますが、実際にやっている水分補給が成功しているのか失敗しているのかはわかりにくものです。
練習後の尿の状態で、水分補給が成功しているのかどうか確認してみましょう。

【チェック項目①】練習後 1時間以内にトイレに行ったか?
練習後1時間以上経ってもトイレに行きたくならない場合は、運動中の水分が足りていない可能性が
高いかもしれません。

【チェック項目②】尿の色は濃すぎないか?
練習後に排尿した尿の色がいつもより濃い場合(さらに量も少ない場合)は、
運動中の水分が足りていない可能性があります。

【チェック項目③】体重の減量は2%以内か?
運動中に汗によって失う水分は、体重の2%以内になるように水分補給をしましょう。
例えば体重50㎏の場合、練習後1kg以上体重が減っている場合は、水分摂取が足りていない可
能性ありです。

水分補給は熱中症予防だけではなく、パフォーマンスを発揮するためには大切な要素のひとつです。喉の渇きを感じてからではタイミングが遅いので、15分起きに水分補給に時間を作るなど、水分補給も運動メニューの一環として考えていきましょう。

フードコーチ情報

完成
椎橋 聡子
管理栄養士 健康運動指導士 株式会社Food Smile 代表
「健康になりたいけど、どうしていいかわからない」という方のために、 <むずかしいことをわかりやすく、そして常にWOW!(驚き・感動・楽しさ)を与える>ことをモットーにわかりにくい食の専門知識を、 ひとりひとりのニーズに合わせたメッセージにして伝えることを目指しています。 また、パフォーマンスを発揮したい時に食事で失敗しないための食事術「パフォーマンス飯」が得意分野であり、 アスリート・ビジネスパーソン・受験生向けの食事セミナーは、トータル300本を超える。他、ゴルフ場のレストラン監修、記事執筆、カロリー計算・測定事業など幅広く活動中。

関連する記事