短距離、格闘技、球技などの瞬発力を必要とするスポーツでは、瞬時に力を発揮するため、いかにキレのある動きができるかがポイントとなります。
機敏な動きには強くてしなやかな筋肉が不可欠で、基本はやはりたんぱく質や糖質です。
この土台があったうえで、さらに瞬発系に適した機敏でしなやかな動きをするためには
筋肉のコンディションのためにミネラルも大切な栄養素のひとつとなります。
瞬発系のスポーツに必要なミネラルとは何かを確認してみましょう。

瞬発系スポーツに必要な2つのミネラル

瞬発系スポーツで特に意識してとりたい2つのミネラルについて紹介します。

【1】カルシウム:筋肉のコンディションを保つ
カルシウムは骨を作るイメージが強いですが、カルシウムは筋肉の収縮や神経系の伝達とも
深い関りがあり、ハードなトレーニングや練習量が多い方は不足しやすいミネラルのひとつと言えます。
カルシウムが不足すると、筋肉の収縮がうまくいかず、筋肉のけいれんや、足がつるといったことが多くなります。

【2】マグネシウム:筋肉をスムーズに動かす
マグネシウムはカルシウムの「ブラザーイオン」と呼ばれるほど、カルシウムの働きに重要な役割を果たしているミネラルです。筋肉の収縮をスムーズにする働きもしているため、瞬発系スポーツに必要な切れのよい動きのためにも欠かさずとりたいミネラルです。

2つのミネラルを上手に取り入れるコツ

【1】カルシウム
(カルシウムを含む食材):牛乳・ヨーグルト・チーズ・納豆・木綿豆腐・海藻類・青菜・小魚・桜えびなど
カルシウムは吸収率が低いミネラルとして知られています。
牛乳やヨーグルトは吸収率が高いので、毎日取り入れると◎
また小魚の煮干しは、味噌汁のだしで使ってそのまま食べてもよいですし、粉末状の煮干しもあるのでこちらも使い勝手がよいのでおすすめです。

【2】マグネシウム
(マグネシウムを含む食材):玄米・納豆・豆乳・ナッツ類・ひじき・桜えび・ごまなど
マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類に含まれるため、おやつにナッツ類を取り入れ
てみましょう。また、ごまもマグネシウムを含むのでふりかけ代わりにごはんにかけたり、ご
ま和えの料理を取り入れたりするのも簡単にできる工夫です。水分補給の際は、硬水の
ミネラルウォーターを選べば、水分補給と一緒にミネラルウォーターに含まれるマグネシウムもとれて一石二鳥!お料理に使ってもOKです。

フードコーチ情報

完成
椎橋 聡子
管理栄養士 健康運動指導士 株式会社Food Smile 代表
「健康になりたいけど、どうしていいかわからない」という方のために、 <むずかしいことをわかりやすく、そして常にWOW!(驚き・感動・楽しさ)を与える>ことをモットーにわかりにくい食の専門知識を、 ひとりひとりのニーズに合わせたメッセージにして伝えることを目指しています。 また、パフォーマンスを発揮したい時に食事で失敗しないための食事術「パフォーマンス飯」が得意分野であり、 アスリート・ビジネスパーソン・受験生向けの食事セミナーは、トータル300本を超える。他、ゴルフ場のレストラン監修、記事執筆、カロリー計算・測定事業など幅広く活動中。

関連するレシピ&記事

関連するキーワード