目次

効能メカニズム

食物繊維が豊富で低カロリーなきのこに、ビタミンやミネラルを含むレタスをあわせたヘルシーな組み合わせ。レタスはさっと加熱しカサを減らすことで多く食べられる

料理のポイント

食物繊維の多いレタスは加熱しても美味しく食べられます。葉物野菜なので、最後にさっと加えて、やわらかさとシャキシャキ感を味わいましょう

Step1材料をほぐす

step1
えのきは石づきを切り落とし、手で細かくほぐす。レタスは手で食べやすい大きさにちぎる。 にんにくは薄切り、赤唐辛子は種を取り小口切りにする

Step2 えのきを炒める

step2
フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくを炒め、香りがたったら赤唐辛子とえのきを炒める

完成塩で調えて完成

完成
しんなりしたらレタスを加えてさっといため、塩で味を調える

材料 (2人分)

えのきだけ 1袋(200g)
レタス 1/4玉
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1/4本
小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1

成分情報 (1人分の栄養価)

エネルギー 133kcal
たんぱく質 20.1g
脂質 5.0g
炭水化物 1.4g
食塩相当量 2.2g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
子供と親への食育活動や味覚教室。離乳食教室、プレママ向けの栄養講座など、野菜・果物の摂取不足の改善発信者として活躍中。
料理動画サイトでのレシピ考案や調理、フードコーディネート担当し、TVをはじめメディアでの旬野菜やレシピも多数紹介。
農林水産省による「農業女子プロジェクトサポーターズ」でもある。

関連するレシピ&記事

関連するキーワード