目次

効能メカニズム

PMS(月経前症候群)対策には規則正しい食生活はもちろんのこと、カルシウム・マグネシウムの摂取が推奨されている。マグネシウムは普段フォーカスされることが少ないが、カルシウムに次いで多くとる必要のあるミネラルである。玄米、キンメダイにはマグネシウムが豊富に含まれ、かつ適度にカルシウムも含まれる食材であるため、PMSが気になる方にはおすすめの1品と言える。

料理のポイント

玄米ご飯にのおかずに、キンメダイ、ひじきをプラスし、より多くのマグネシウムを摂取することができる。梅干しは塩味や酸味がさまざななので、お好みの味付けや、体調にあわせた濃さで調整する。

Step1玄米を炊く

step1
玄米をボウルにいれ2~3回水を変えながらさっととぎ、塩少々(分量外)と水400mlを入れ2時間ほど浸す。圧力鍋で強火で加熱し、圧があがったら弱火で15分加圧する。

Step2 キンメダイを焼く

step2
キンメダイに塩(分量外)を少しふり、出てきた水分をキッチンペーパーでおさえ、魚焼きグリルで焼く。

Step3 ソース餡を作る

step3
鍋にポン酢、みりん、種を取りみじん切りにした梅干し、水で戻したひじきを炒め、水溶き片栗粉でとろみをつける。

完成

完成
器に③を注ぎキンメダイを盛りつけ、青じそのみじん切りをのせる。

材料 (2人分)

玄米ご飯 2合
キンメダイ 2切れ
梅干し 2個
乾燥ひじき 大さじ1
ポン酢 大さじ3
みりん 大さじ1
片栗粉 小さじ1
片栗粉 大さじ1
大さじ1

成分情報

エネルギー 763kcal
食塩相当量 2.5g
カルシウム 271mg

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード