目次

効能メカニズム

れんこんに含まれるポリフェノールの一種タンニンは、アレルギー症状の原因となるIgE抗体の過剰生産を抑える働きがあると言われている。れんこんの表面の黒い斑点にはタンニンが含まれているので、よく洗って皮付きのまま食べると、効率よくポリフェノールをとることができる

料理のポイント

れんこんの歯ごたえのあるシャキシャキした食感をいかすため、縦切りにするのがポイント。えごまの風味とナンプラーのコクが深みを増し、ご飯のおかずにもあう。

Step1水にさらしアクをぬく

step1
れんこんはよく洗い、皮付きのまま縦に一口大の大きさに切る。水にさらしアクを抜き水けを切る。

Step2 炒める

step2
フライパンにえごま油を熱し鶏ひき肉を炒め、パラパラになったられんこんを加えて炒める。れんこんは透き通り柔らかくなるまで炒める。

Step3 味付け

step3
ナンプラーとみりんを加えて炒め、味を調える。

完成

完成
器に盛り、みじん切りにしたパセリをのせる。

材料 (2人分)

れんこん 1節(200g)
パセリ 適量
鶏むねひき肉 80g
ナンプラー 大さじ1
みりん 大さじ1
えごま油 大さじ1

成分情報

エネルギー 245kcal
食塩相当量 1.9g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード