目次

効能メカニズム

低カロリーで高タンパクでなホタテには、肝機能をサポートするタウリンが豊富に含まれます。タウリンにはホメオスタシス作用といって、カラダの機能の働きすぎを抑制したり、機能が低下した時は改善させたりするバランスをとる役割があります。アルコールや過食、ストレスなどで肝臓が疲れた時も、肝臓の負担を軽減するために重要な働きをしてくれています。またタウリンは水に溶けやすい性質があるため、調理法は焼くなどを選ぶか、煮る・茹でる場合には煮汁ごと食べられる料理がおすすめです。

料理のポイント

淡白な味わいのホタテに、いちご酸味をいかしたソースがよくあう。いちごの品種により酸味や糖度が違うので、お好みで塩コショウで味を調整。赤いソースは白身魚のムニエルにもあう。

Step1ソースを作る

step1
赤いソースの材料をミキサーで撹拌してソースを作る。

Step2 切って水にさらす

step2
玉ねぎは薄くスライスし、水をいれたボウルで5分ほど水にさらし水気をきっておく。

Step3 ホタテをソテーする

step3

完成

完成
②の玉ねぎの上にホタテをのせ、上から赤いソースをかける。

材料 (2人分)

ほたて貝柱 4枚
玉ねぎ 1/4個(55g)
サラダ油 小さじ2
少々
〈赤いソース〉
いちご ※あまおう使用 3個(50g)
りんご 1/8個(40g)
レモン汁 少々
小さじ1/3
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2

成分情報 (1人分)

エネルギー 231kcal
たんぱく質 10.7g
脂質 16.3g
炭水化物 10.1g
食塩相当量 1.5g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード