目次

効能メカニズム

酒粕には、米や酵母由来の栄養が豊富に残っています。たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養と米や酵母由来の栄養が豊富な酒粕に、根菜や野菜の食物繊維やビタミン類をプラス。温かい汁物で食べる事で腸を温めます。また酒粕に含まれるオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の餌になるので、善玉菌を増やし腸内環境を整える効果が期待できます。

料理のポイント

酒粕汁にレンコンのすりおろしを加えるので、トロリとした食感は加わり身体が心から温まりまるので、特に冬場にはおすすめのレシピです。

Step1野菜を切る

step1
大根、にんじんはいちょう切り、ごぼうは乱切りに、ねぎは薄切りにする。

Step2 鮭を湯通しする

step2
鮭を4等分にし、熱湯(分量外)にさっとくぐらせ臭みをとる。

Step3 煮る

step3
鍋にだし汁をいれ①の野菜を煮込む。鍋のだし汁を少し器に取り、酒粕をとかす。野菜に火が通ったら鮭を加える。

完成レンコンをすり下ろして入れる

完成
皮をむいたレンコンをすりおろし、フツフツととろみがついてきたら火を止め、酒粕、白みそを濾し網で溶かす。

材料 (2人分)

レンコン 1/2節(50g)
大根 100g
にんじん 1/4本(65g)
ごぼう 1/4本(25g)
青ネギ 少々
甘塩鮭 1切れ
酒粕 40g
だし汁 3カップ
白みそ 大さじ2

成分情報

エネルギー 192kcal
たんぱく質 16.3g
脂質 2.9g
炭水化物 22.4g
食塩相当量 2.0g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード