目次

効能メカニズム

プルーンには、赤血球の主成分であるヘモグロビンの材料となり、全身の細胞に酸素を届ける働きをする鉄が含まれる。鉄は吸収率が低いことで知られていて、特にプルーンなどの植物性由来の鉄分は吸収率が低いと言われているが、手羽先などの肉類は鉄の吸収を促進する物質が含まれるため一緒に食べることで鉄の吸収率を高めることができる。

料理のポイント

プルーンはドライタイプの物を使用。種入りのものは取り除いてから使用する。コクのある甘みがあるので、酢やトマトの酸味で味わいを中和している。

Step1下準備

step1
卵は茹でて殻をむく。ごぼうは乱切りにし水にさらしてアクを取る。にんにく、ミニトマトはみじん切り、プルーンは種をはずしておく。

Step2 焼く

step2
フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。香りがしてきたら、手羽先を皮を下にして入れ中火で焼き色をつけ、上下を返し両面焼く。

Step3 煮る

step3
煮汁の調味料をごぼう、ゆでたまご、プルーンを加え、煮立ったら落し蓋をし、中火で15分ほど煮る。

完成酸味をプラスし完成

完成
カットしたミニトマトを加えて更に2分煮て完成。

材料 (2人分)

鶏手羽先 6本
ごぼう 1/2本
プルーン 8個
ミニトマト 1個
にんにく 1かけ
4個
オリーブオイル 小さじ2
〈煮汁調味料〉
1カップ
赤ワイン 大さじ2
すし酢 小さじ2
しょう油 大さじ1

成分情報 (1人分)

エネルギー 444kcal
たんぱく質 30.8g
脂質 26.0g
炭水化物 16.2g
食塩相当量 2.2g
2.9㎎

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード