目次

効能メカニズム

果物の中でもビタミンCの含有量がトップクラスのいちご。ビタミンCは風邪予防や肌荒れの解消に効果が期待できますが、弱点として水に溶けやすい、加熱に弱いという点があげられます。ビタミンCは野菜にも含まれますが、野菜は切ったり・茹でたり・焼いたりと調理工程でのビタミンCの損失が多くなりがちですので、生で食べられるフルーツは損失も少なく効率よくビタミンCが摂取できると言えます。

料理のポイント

苺の果肉の色によって、クリームの色づきが変わる。レシピでは果肉が赤いあまおうを使用。トッピングのイチゴはそのままでも、また飾り切りにすると華やかになる。ブルーベリーで作っても美味。

Step1 下準備

step1
クリームチーズは常温でやわらかくし、いちご2個(35g)はみじん切り、8個は薄切りにする。

Step2 クリーム作り

step2
ボウルにクリームチーズをつぶしながら、練乳と牛乳を加えて混ぜる。みじん切りにしたいちごを潰すように加え、滑らかになったら冷蔵庫で冷やす。

Step3 盛り付け

step3
タルト型に②のイチゴクリームチーズをいれ、上から薄切りにしたいちごを飾り付ける。

完成

完成
仕上げに粉糖を振りかけ、チャービルの葉をのせる。

材料 (タルトカップ8個分)

いちご(タルト用)※あまおう使用 2個(35g)
いちご(飾り) 8個
タルト 8個
チャービル 少々
粉糖 少々
牛乳 小さじ1
練乳 大さじ2
クリームチーズ 60g

成分情報 (タルト1個当たり)

エネルギー 117kcal
たんぱく質 2.1g
脂質 6.4g
炭水化物 12.9g
食塩相当量 0.1g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード