目次

効能メカニズム

魚(ツナ)のDHA,クルミのαリノレン酸などが脳の栄養となり、脳内に入り神経細胞膜を柔らかくすることで記憶力や学習能力を向上させる働きがあります。

料理のポイント

食事の延長になるよう、手軽に食べられる餃子の皮で作るミニキッシュなので、おやつとしてぴったりです。

Step1材料の下準備

step1
ツナは缶から出しザルにあげて水気をきり、マヨネーズと合わせる。ほうれん草はさっと茹で水気を絞り一口大に切る。ハムは1㎝角に切きり1と混ぜる

Step2 くるみをカット

step2
くるみは包丁で細かく切る。

Step3餃子の皮に具をのせる

完成
ココット皿に餃子の皮をのせ、2の具をながしいれ、くるみとチーズをトッピングする

完成トースターで焼いて完成

完成
トースターで5分ほど焼き、餃子のふちがきつね色になるまで焼いて完成

材料 (2人分)

ほうれん草 1/2束(15g)
ツナ 1缶
ハム 2枚
くるみ 1個
マヨネーズ 適量
とろけるチーズ 20g
餃子の皮 6枚

成分情報 (1人分の栄養価)

エネルギー 175kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 9.1g
炭水化物 11.1g
食塩相当量 0.9g

フードコーチ情報

完成
香月りさ
野菜ソムリエプロ、フードレシピスト養成講座講師、離乳食・幼児食アドバイザー、だしママ講師。
親と子に向けた料理教室『mamako・kitchen』主宰。
子供と親への食育活動や味覚教室。離乳食教室、プレママ向けの栄養講座など、野菜・果物の摂取不足の改善発信者として活躍中。
料理動画サイトでのレシピ考案や調理、フードコーディネート担当し、TVをはじめメディアでの旬野菜やレシピも多数紹介。
農林水産省による「農業女子プロジェクトサポーターズ」でもある。

関連するレシピ&記事

関連するキーワード