目次

効能メカニズム

集中力を切らさないためには、脳のエネルギー不足を避けることが大切です。そのためには、脳のエネルギー源である炭水化物の補給と、炭水化物を効率的にエネルギーに変えるビタミンB1のチカラが必要です。生姜焼きおにぎらずは、脳のエネルギー源である「炭水化物」と、それをエネルギーに変える豚肉の「ビタミンB1」を同時にとることができます。 また玉ねぎに含まれる臭気成分アリシンと一緒に摂ることでビタミンB1の吸収率が高まり、集中力を長続きさせる効果が期待できます。

料理のポイント

生姜焼きは漬け込むことで味もしっかりしみこみ、準備も簡単。付け合わせの野菜は、ゆでたほうれん草、豆苗、アボカドでもおいしくできる。

Step1 具材を漬け込む

step1
豚肉、スライスした玉ねぎをAに漬け込んでおく。

Step2 具材をのせる

step2
ラップに海苔を置いて、ごはんの半量を真ん中に置く。炒めた①の具材、スライスした茹で卵、根を切った豆苗をのせる。残りのごはんをのせる。

Step3 ラップでしっかり包む

step3
②を向かい側の海苔同士を合わせて、ラップでしっかり包む。

完成

完成
食べやすい大きさに切る。作ってすぐよりもしばらく時間を置いたほうが切りやすい。

材料 (1人分)

ごはん 150g
豚肉 50g
玉ねぎ 1/4個(50g)
ゆで卵 1/2個
豆苗 20g
海苔 1枚
〈A〉
砂糖 大さじ1・1/2
醤油 小さじ2
生姜(おろし) 小さじ1/2

成分情報

エネルギー 511kcal
食塩相当量 1.9g
ビタミンB1 0.47g

フードコーチ情報

安部さん写真
安部加代子
野菜ソムリエプロ、受験フードマイスター、ベジフルカッティングスペシャリスト、アンチエイジングプランナー、ヘルスフードカウンセラー。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード