目次

効能メカニズム

甘酒に含まれるオリゴ糖、食物繊維は腸内環境改善のための善玉菌を増やすのに効果があると言われています。善玉菌は腸内で乳酸や酢酸を作り出すことで腸内を酸性し、悪玉菌の増殖を抑え腸の動きを活発にしたり、食中毒菌や病原菌から予防する効果があることがわかっています。また甘酒は「飲む点滴」ともいわれるくらい様々な栄養素がバランスよく含まれています。 シナモン、生姜を入れることで体を温める効果も期待できます。

料理のポイント

生姜は温めて使うことで体全体を温める効果がある。牛乳を豆乳・アーモンドミルクで代用しても美味しい。

Step1 加熱はレンジで簡単!

step1
耐熱容器に牛乳、生姜(すりおろし)を入れて、沸騰直前まで温める。

完成

完成
甘酒を加えて混ぜて、シナモンをお好みで振りかける。

材料 (1人分)

甘酒 100ml
牛乳 100ml
生姜(すりおろし)※チューブでも可 適量
シナモン お好みで

成分情報

エネルギー 156kcal
食塩相当量 0.3g

フードコーチ情報

安部さん写真
安部加代子
野菜ソムリエプロ、受験フードマイスター、ベジフルカッティングスペシャリスト、アンチエイジングプランナー、ヘルスフードカウンセラー。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード