目次

効能メカニズム

豆腐に含まれるレシチンは、記憶力や集中力のための脳内の神経伝達物質「アセチルコリン」の材料となります。レシチンが不足するとアセチルコリンが作られなくなり、記憶力の低下などを引き起こします。 豆腐を崩してあんかけにすることで、食べやすくなり消化にもよいです。

料理のポイント

とろみをつけてから卵を入れるときれいなかきたまに仕上がります。うどん以外にもごはんにかけてもおいしいです。

Step1 具材を準備する

step1
にらは、1㎝位に切る。ゆでうどんは、袋から出して、耐熱容器に入れ、電子レンジで温める。

Step2 豆腐は先に崩す

step2
鍋に豆腐を入れて、泡だて器等で細かく崩す。

Step3 餡を作る

step3
鍋に水、鶏ガラスープの素を入れて沸騰させる。A、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。再度沸騰したら溶いた卵、にらを入れて混ぜたら火を止める。

完成

完成
温めたうどんに、餡をかけて出来上がり。お好みでごま油をかけると風味UP!

材料 (1人分)

絹ごし豆腐 150g
1個
にら 30g
鶏ガラスープの素 小さじ1
300ml
うどん(ゆで) 1袋(180g)
〈A〉
醤油 小さじ1/2
少々
〈水溶き片栗粉〉
片栗粉 小さじ1
小さじ2

成分情報

エネルギー 372kcal
食塩相当量 3.0g

フードコーチ情報

安部さん写真
安部加代子
野菜ソムリエプロ、受験フードマイスター、ベジフルカッティングスペシャリスト、アンチエイジングプランナー、ヘルスフードカウンセラー。
詳細はこちら

関連するレシピ&記事

関連するキーワード